ニーサの目的


<% pageTitle %>

NISAとは、株などにかかる運用益や配当益を一定額非課税にする制度のことで、毎年百万円まで非課税枠が設けられています。

金融商品は株や投資信託などが対象となりますが、国債などは対象外とされています。

百万円の枠の中で購入した三十万円の株が初年度に利益が出て売却すると、利益部分は非課税扱いとなり、その年の残り枠は売却した三十万円分を除く七十万円となります。

運用益または配当益が大きくなるほど恩恵を受けます。

口座は来年度からの10年間開設することが可能で、1人一口座のみとなります。

ただし、異なる勘定設定期間であれば、複数の口座を開設することもできます。

その年の1月1日に国内に住んでいる20歳以上の人であれば、NISAを利用する際には金融機関に口座を開設する必要があります。

口座は毎年百万円まで投資することができ、期間が5年間であるため一度に投資できる最大額は五百万円となります。

投資の際の手数料などは投資額には含まれないです。
なお、NISAの期間中に20歳となった場合は、その年の1月1日を基準とするため、翌年の1月1日より口座を開設することが可能です。

口座開設から最長4年間は他の金融機関に変更することはできないものの、同じ金融機関内の支店等であれば変更することはできます。

5年間の非課税期間が終了したときは、同一の非課税口座内の新たな非課税管理勘定に移管するか、或いは特定口座・一般口座に移管することになります。

NISAを活用しましょう

<% pageTitle %>

景気回復への期待から物価高・株高の兆しが感じられ、投資に興味を持たれる方も多いのではないでしょうか。

そんな流れを後押しする形で2014年1月から『NISA』という制度が始まりました。

NISAとは、少額投資非課税制度というもので、イギリス発祥の『ISA(Individual Savings Account:個人貯蓄口座)』を参考に作られた制度です。

具体的には、毎年100万円分までの株式投資・投資信託での利益や配当金に掛かる税金(現在10%、2014年以降20%)が非課税となります。

例えば、2014年に100万円分の株を購入し、翌年にその株を200万円で売却した場合、通常では、利益の100万円から税金20%分の20万円が差し引かれますが、NISAでは、この税金分が非課税となります。

この非課税枠は、購入から5年間有効で、毎年100万円まで購入が可能なので、最大500万円まで購入することができます。実際に購入するためには、NISA用の証券口座を開設する必要があります。

この口座は、ひとつのみ開設することができ、複数の証券会社で複数の口座を開設することができません。

また、4年間は、他の証券会社に乗り換えることもできません。
そのため、どこの証券会社に口座開設するか十分に検討する必要があります。

証券会社によっては、100万円以下の株式売買手数料が無料であったり、
投資信託の手数料が無料であったりしますので、
まずは、証券会社のサービスの比較から始めてみてはいかがでしょうか。

株で失敗した人の末路

株で失敗したとしても余力資金での投資ならば大丈夫です。

大切なのは、株をするのに生活費まで使わないことです。

どんな株の達人であっても絶対というのはありません。
そのため余力資金で株はすることが大切なのです。

それでも、大きく損をしてしまったり、
生活できないようになってしまった場合はどうすれば良いのでしょう。

その場合は、法律の専門家に相談することをおすすめします。
この日本では、借金などでどうしょもなくなった場合は、
大幅に借金を減額したり、法律で借金をゼロにすることもできるのです。

では、どこに相談すれば良いの?

弁護士などは相談するだけでも大きなお金がいるのでは?
そんな心配をする人もいるかと思いますが、大丈夫です。

最近では、ほとんどの弁護士や司法書は、借金の悩みは無料で相談に乗ってくれます。

ただし、腕の弁護士や司法書士に依頼しないと、
減額できる借金の額など、あなたの金銭的利益は大幅に違ってきますので注意が必要です。

おすすめは、減額診断シミュレーターを利用することです。

このサービスは、あなたのお近くで腕のよい法律相談所を見つけることができるサービスです。

ゼロ円で利用できますので、ぜひ使って見ましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です